今更聞けない?美肌を作る正しい洗顔方法とは

美肌の基礎は洗顔から!

洗顔が肌を作ると言っても良いほど、肌の調子に大きな影響を与えます。これはメイクや日中に分泌された皮脂を綺麗に洗い流すことで夜間に肌を休めて必要な栄養素を吸収させたり、雑菌が繁殖するのを防いでニキビなど肌トラブルが起こるのを防ぐために欠かすことが出来ないものです。しかし毎日きちんと洗顔していると言っても、そのやり方が間違っていればそれも肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。正しい洗顔法を知ることで、美しい肌を保ちたいものですね。

お湯や水はNG!ぬるま湯が基本

洗顔の時に面倒で水をそのまま使ったり、汚れが良く落ちるからお湯を使う人もいますが、どちらもNG。水は毛穴が締まってしまって毛穴の中の汚れがとれませんし、お湯は確かに洗い上がりはさっぱりしますが肌を守るのに必要な皮脂が洗い流されてしまいます。適温は一肌よりも少しぬるめかな?と感じる35~36度ほどです。毛穴が締まらないので中の汚れが取れやすく、皮脂を洗い流しすぎない温度です。「洗顔にはぬるま湯で!」は鉄則です。

泡はたっぷり撫でるように洗って

洗顔の時にはたっぷりの泡で肌を撫でるように洗いましょう。指でゴシゴシ洗ってしまうと、摩擦が起こって肌を痛めてしまう可能性があります。また皮膚を引っ張ってしまうので、毛穴が引っ張られてしまい中まで綺麗に洗えないことも。ふわふわの泡なら摩擦も起こらず毛穴の奥までちゃんと洗い流してくれます。その後はたっぷりのぬるま湯で肌に洗浄成分が残らないようにしっかりと洗い流すようにし、洗顔後はすぐに化粧水と乳液で保湿を行うことで、乾燥も防ぐことが出来ますよ。

品川美容外科の裁判まとめサイト