3タイプのクマのケア方法を知っておきましょう!

黒グマができてしまったら…

加齢で皮膚は誰でもたるんでいくものです。フェイスラインが崩れるだけではなく、目の周りの皮膚がたるむことによってクマが出てしまうことが!このクマは影なので黒く見えることから、黒グマなどと呼ばれています。乾燥や加齢が原因なので、たるみケアをしてあげることで緩和するので安心してくださいね。一番簡単なケアは、アイクリームを使うことです。アイクリームは目の皮膚の為に保湿成分がたっぷり入っています。弱っている表情筋をエクササイズするのもいいですよ。

色素沈着とクマの関係

花粉症や結膜炎などで目をこする癖があったり、メイク落としの時に強くこする人はクマができやすいので気を付けて!物理的な刺激の他にも、紫外線によるダメージが蓄積することでもできます。これらの原因はメラニン色素ですので、茶グマができてしまうんです。茶グマ対策には美容液を使ったお手入れと、物理的な刺激を避けることがとっても有効です。化粧を落とすときには優しくソフトに行いましょう。UVケアも忘れずにしてください。

疲れのせいで顔にクマが…

おそらく最もできやすいのが、血行不良による青グマなのではないでしょうか。目の周囲の皮膚は薄いので、血行不良で酸素が足りなくなるとすぐにその状態が表に出てくるんです。血行を良くして、酸素が滞りなく運ばれるようになれば青グマは自然に治ります。青グマはパソコンなどを使って長時間作業をしていてもなりやすいですから、適度に休息をとったり、ビタミンEを摂取したりするといいでしょう。お湯でホットタオルを作って顔にあてるのも効果が大きいですよ。

品川美容外科の訴訟まとめサイト